はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

オーストラリア行ってきた

オーストラリア行ってきました。

いくうsんsh

おきshしぇ

パースとフリーマントル。現地滞在4.5日間。



オフシーズン、安い航空会社使って、ユースホステルに泊まって。
ツアーも一切組まず、現地で全て情報収集。食事はスーパーマッケットとローカルな定食屋を多用し。

超貧乏旅行。
前回シドニー行った時(観光名所へは現地ツアーを利用、食事は全部外食)と比べたら、
半額以下で済んだんじゃなかろうか(笑)

でもやっぱりこのスタイルが一番刺激に満ち溢れてるし、求めるものが経験できます。間違いなく。
お金も、使いたいものにだけつぎ込みたいし。

直行便が無かったので、マレーシアで乗り継ぎしながら片道16時間。
腰が痛いぜw



また例のごとく、幾つかにまとめました。
いや〜、楽しかったです。



宿泊先(YHA)と、そこでの交流


楽器屋巡り


バスキング(ストリートパフォーマンス)見学


観光らしい観光(?)

スポンサーサイト
Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 

宿泊先(YHA)

宿泊先はまたしてもYHAでした。
YHA in Perth city

くぁwsjxbふぃ


YHAはこれで4施設(/3498施設)制覇ですw

施設etcは、個人的にはこれまでに泊まったYHAの中で一番良かった気がするなあ。


ドミトリーの部屋ではワーホリに来ていたドイツ人男性、日本人女性と、旅行中のオーストラリア人と一緒になりました。
あと、知り合いの知り合い、みたいな感じで、別部屋のドイツ、韓国の女性や、YHAに滞在してた英国の男性とも話したり。

ドイツ人、韓国人の彼らと英語で会話できて一安心。
英会話行っていた甲斐があった。

と思ったら、オーストラリア、英国の男性とはほぼ会話できず。
ネイティブと会話するにはまだまだ全然・・・か。
悔しいのうorz


旅の思い出を情報交換したり。
お互いの労働環境を議論したり(何やってんだかw)
一緒にユースホステルの近くでやってる祭りに行ったり。

まつりやあああはうあは


今考えても不思議な経験だった。
これまでも旅先でたまたま日本人と遭遇した時には色々と話すことはあったんだけど。
まさかこんな、ビールを奢られてしまうような関係になるとはね。

でも面白かった。本当に。


旅の理由もそれぞれ、ワーホリをする理由もそれぞれで、パースに来た理由もそれぞれ。
それにしても皆たくましいなあ。


こういうふとした交流も、YHAならでは・・・だね。
また利用してみたいね。
もっと英語力磨いて、次回はもっとスムーズに話しができるようにしておこう。

精進、精進。。。

Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 

バスカーを見学

バスカー(ストリートパフォーマーのこと)の活動が盛んになる金、土、日曜日。
朝、昼はフリーマントルのマーケット、夜はパースの中心部のそこらかしこで演奏を見ました。

朝の10時過ぎから活動してる人達もいるっていうから、
10時前から待機してました。

フリーマントルのストリート、別名カプチーノ通り。
本当に朝からテラスでカプチーノを嗜む人がたくさんいてビックリ。
日本でも朝カフェしてる外国人って多いけど、違うもんなんかねやっぱ。

pくぉうぃうえうd


夏はパースの中心部でフェスティバルやってたり、マーケットのお客さんも多かったりと、
この時期はバスカーたちも多かった・・・のかな?


色々と見たやつ。(順不同)

マーケットの広場にピアノが常設されてるのはここならではだね。
いsjsんsっhs



大道芸、は世界各国鉄板ですかね
いkjすs



像になる(完全に止まる)パフォーマンスは、海外、アメリカなんかでは特によく見るんだよなあ。
日本ではあまり見かけないけど、何でだろ。

ぞうぞうぞうぞうぞう



ディジュリドゥを使った演奏をよく見かけた。
これはこの国ならではだな。
jすsんshshsjdjs



儀式・・・???じゃない、、、、か。
ゴスペルでもなく、、、、。
kっじゅしゅsh



ルーパー使った演奏もちょいちょい見るね。
ボーカルパートをループさせてハモったり、ループさせたギターパートに合わせてクラリネットを吹いたり、工夫が色々あって面白い。

、zmxんcbdhs



お約束(?)の、子供をダシにした演奏もちょいちょい

いsjhshすえs


あ、木場ジャパンのライバル発見ww

おくぃうぃえうっっyて


と、最初は色ものと思って見てたけど、彼らなかなか演奏も良い。
服装はともかく、この感じのアレンジは考えたことありませんでした。

いdkdyxgdbdhsんxんxkd


やべえ、なんか見てるとちょいちょい腹たってくるわ(笑)
投げ銭は思わずはずんでしまったけども。


良いなあと思ったのは、フェスのメインステージ(っぽい?)ところでやっていた、民族音楽のバンド。

演奏も良かったんだけど。
何より、ホントに楽しそうだった。
思い思いバラバラに踊る観客に、遊び心たっぷりの変なおっさんもとい演奏者たち。
子供から年寄りまで、色んな国籍の人が作る空間は見てて気分が良かった。

うおうおうおいういおp



こういうものを目指したいよなあ。やっぱ音楽ってこうだよなあ。

自分もやっちゃう「音勉強ごっこ」「音自慢」etc。
果てに行き着く「音馴れ合い」「音自己満」etc。

気をつけないとね。

じゃあどうすりゃ良いんかって?
全くわかりません!!日々探求です!!

Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 

楽器屋色々

楽器屋いくつか巡ってみました。

オーストラリアの楽器は高い。同じモデルのギターなんかは、
日本で買う場合の3割増しくらいの値段します。
まあ別に安かったとしても買わないんだけどもw

【バス停から徒歩2分】
と、書いてあった楽器屋に行ってみた。
バス降りたらこんなとこだったので焦る(笑)

できらたがふぁ


ちゃんと2分で行けたので安心したけども。


砂漠の中にぽつんとあるから、コストコみたいな巨大な楽器屋を想像してたんだけど。
でも店自体はさほど大きくなかったっていうね。
肩透かしw

khrづfjbcxjs


ぽqをゆsfhdg



【オーストラリアナンバー1】
みたいなことを言っていたお店もチェック。

pwkんdげhfvc


品揃えは確かに良かった。
マーチン、タコマ他の色んなギターが。

ただ、店が狭かった。所狭しとすごい密度で並べられているギター。
ドンキを楽器屋にしたらこんな感じかなあ(笑)

どんきみたいにずらずた



ブズーキ、バンジョー、ハープ、マンドリン、チェロ、、、
色んな弦楽器が、エレキギターと並んで置かれてるのは海外の楽器屋ならでは、かな?


【ディジュリドゥ】
フリーマントルにある、ディジュリドゥの専門店行ってきました。

ディジュリドゥって、これのことね。
didgeridoo_1559861c.jpg


オーストラリア先住民のアボリジニーが使い出した、打楽器でかつ、世界最古の管楽器。




店員に演奏の仕方を習うワークショップがあったから参加してみました。

IMG_2378.jpg


ディジュリドゥだけですごい数!
12556ilfdidgeridoo4.jpg



自分自身もディジュリドゥの演奏を高めている店員さんなのか、
教え方も丁寧で、かつディジュリドゥのあれこれを教えてくれて面白かった。
俺が日本人であることを知って、オーストラリアではかなり有名な日本人のディジュリドゥ奏者の話も教えてくれた。

ざっと1時間半くらい???
腹筋がつりそうになりながら、色々と吹いた。
最低限の基本的な音は何とか出るようになりました。

風のイメージ、砂のイメージ、色々な音色(テクニック?)を聴いたけど、全然できまへん。


と、いくつか吹いた後のディジュリドゥ。
店員さんそのまま戻そうとする。



・・・・??




俺「・・・拭かないの?」



店員さん「・・・??何で?」




ん、何でってか??
ん〜、何でと言われると確かにそうだな。
金属ならともかく、木や竹の筒だし。


・・・うぬ。




さて、4つのディジュリドゥ吹いたけど、この日だけで何人と間接キスしたことになるんだか・・・。






で、最後にちと質問


俺「この楽器屋以外にもギフトショップとかで色々ディジュリドゥを見るけど、最低ラインの価格や大きさのものはあるのかい?」

店員さん「長いと低い音が出るよ。別に好きなやつ選べば良いんじゃない?」


軽いなオイ(笑)


で、小さいディジュリドゥ購入。
出せる音とか全然幅狭いけど、さすがにあのサイズは持って帰れないしなあ。
待ち時間のおもちゃに使いましたw

でぃっじゅでぃっじゅ






後で調べたら、菅沼孝三もディジュリドゥやってて、実際にライブで披露したりもしてるんだとか。
p1000155.jpg


でも菅沼孝三の名前はオーストラリアでは全く知られてない。まあ、当然っちゃ当然かねえ。
意外なところで流通してたりするもんだ、ディジュリドゥ。





色々と面白かった。ディジュリドゥ。
これをきっかけに、ギターを捨て、アボリジニーの音楽を突き詰めるべくディジュリデュ奏者として新たな道を進むことにします。












・・・なんてことは全くない。

Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。