はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

1/8 ヒルさんってどなたですか?

Skid Rowセッションに参加してきた。

開催前から何かしらありそうな雰囲気があって、すごくwktkしながら参加したら、当日詳細を聞いてビックリ!

「今回、Hill氏が来ます」


・・・?


ヒルさん?


んー。


どなた?



で、周りの人に聞いてみたら、現メンバー(Gt)のScotti Hillのことだった。



マジすか。



まあ、そうだよね。そんな感じだったよね。うおおおおー。

でも俺、Skid Row初めて聴いたのって二週間前で、曲も全然知らないんですけどw
ま、いっか。

妙なテンションで待ってたらHill氏が家族を連れて到着。
入ってきた瞬間、皆の緊張が一瞬で高まったのが感じられたw

彼も3曲セッションに参加。共演してた人羨ましいなー。
Scottiの演奏を超間近で見てたけど、無駄な力を一切感じさせない右手や、リズム感のせいか、妙に余裕を感じさせるフィンガリング、あんま歪んでないのにしっかりだす音は出して・・・と、上げたらキリないけど、やっぱすげえなあの一言ですね。

で、そのあとは彼が見てる目の前でSkid Rowの曲をセッション。なんとまた。

自分の演奏曲のなかで、1曲だけ彼の前で演奏したけど、果たしてどうだったんだろね。いやあー、何か新鮮だねw

あと、演奏後に彼に「Good playing!」 って言われた時に「You too!!」って答えたけど、ぶっちゃけこの返しはよかったのかっていう(笑)
使える語彙が少ないんで勘弁して下さいw

そんなこんなで、皆おろおろしてたセッション。彼が子供を家に送り届けるためにスタジオをあとにするまで、皆わたわたしっぱなしでした。
何か新鮮だねw

その後は普通にセッションして打ち上げやって・・・うん、いいっすね、この何とも言えない安心した感じ(笑)

ギターの演奏でここまで緊張したのはどれだけぶりだろうか。何か懐かしい感じでした。

打ち上げ終わったあとの余韻に浸りつつ、帰る。

帰り道、Scotti氏へ皆が質問するコーナーがあったんだけど、その時にすごく印象に残った言葉があった。

・今でも自分は日々全てのものごとから、ギターに関して学び続けている。言ってしまえば自分は「student」で、今ここにいるセッション参加者と自分は同じ立場だと思う。

・You Tubeに上がってるセッションの動画を色々と見たけど、自分は「皆が集まって音楽を楽しむ場所を作っている、その姿勢」が素晴らしいことだと思う。こうやって音楽を皆で共有して、そして次の世代へ音楽を伝えていくことは自分は指名だと思っている。

頭をハンマーで殴られたような衝撃。いや、大袈裟かもしれんけど。

いい言葉を聞けたと思う。本当に素晴らしい。帰り道ずーっと頭から離れなかった。

今は自分に出来ることをやっていこうと思った。Scottiみたいに、世界中の人々を沸かせることも、記憶や印象に刻み込まれるほどの演奏も自分には出来ないけど、それでも「演奏する場所」を創ることは自分にも出来るよね。

今日、彼にもらったピックを見るたび、今日の言葉をこれからも思い出すんだろうなあ。
演奏者としての姿勢や意識、間違えそうになったときは、また今日のことを思い返そう。

うん、素晴らしい1日でした。皆に感謝!!
Hamakotaさん初め、運営してくれた方々本当にありがとうございます☆


で、自分の演奏した曲の反省。セッティングはマーシャル直結のドンシャリで(笑)
今回、タップスイッチとフロントピックアップを意識的に入れてみた。今思うと、何もこの日に実験せんでもよかったんじゃないかというのはあるが(汗)

「Shut up me, I love you 」
ほとんどペンタで弾いてる曲なので、ペンタで好き勝手に弾いてた。
本人が目の前にいようがなんだろうが、このスタイルでいきます(笑)

でも緊張のせいか、なに弾いたか全く覚えてないや。

とりあえず、皆してガチガチでしたねw緊張が伝わってきた。

「Desease」
Hill氏がスタジオを後にした直後にやった曲。
緊張から解き放たれると同時に、全部すっ飛びました。

あれ?ギターソロ何小節だっけ?ちょっと待てよ、そもそも調はF♯mで合ってたっけ?みたいな。
動画を見たら、きっと頭に「?」がたくさんついた状態でギターソロ弾いてるんでしょうね(笑)

Hamakotaさんの視線の先が演奏中気になってました。いや、演奏に集中せえやって?すんませんw

「Nothing」
この日1番出来よかったかな?やっぱ、リラックスって大事です(笑)


あとちらほら感想
・ギター回しかっちょええわー。
・teshimaさんの安定感半端ない。直前にプラスして計7曲もやってあんなに完成度高くできるのは凄い。
・ ヅラおいしすぎるw
・上裸で歌っているのを見ると、清春が連想されてしまう自分
・何だかんだ言って、この日は皆凄くいい演奏でした☆こうしていい演奏に触れられるのは、何にも代えがたい機会っすね。

うーん、あれだな。この日記は絶対Scottiには公開できんな(笑) ひっそり書いとこう。
スポンサーサイト
Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。