はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

1/22 イエモンセッション参戦

音ココのイエモンセッション@三軒茶屋スタジオノアに参戦してきた。
最近三軒茶屋に行く頻度の高さといったらまた。

今回の参加者は大セッションと響音セッションのメンバーが多かったですね。 いつもと違った雰囲気。

あ、よく考えたら、魚住さん始め、2012年になってから初めて会う人が多かったのか。なんか、しょっちゅう会ってる感じがして良くわかりませんねw

自分は「楽園」と「人生の終わり」で参加。
出来はまあ、良くも悪くも(←?)予想通りかな。

またまたちらほらと感想
・レスポールとサンダーバードが多いなやっぱw
・龍さんが音作り劇的に変わったと皆が言ってたのがわかった気がした。確かに、夏の大セッションの時と音が全然違う。
・しみりょーさんが歌った途端、会場の空気がガラッと変わった。いや、ホントいいわー。
・やっぱミカナベさんのドラムはレベル違う。1フレーズ分くらい聴いただけで、全然違うのが伝わるね。
・音あわせ中JAMがプログレ化した件についてww
・演奏終わって緊張から解放された高揚感から、缶チューハイに手を出す。すいません。良い子は真似しないでね。


演奏後は打ち上げに、村さ来へ。お、名古屋といえばの安居酒屋w
懐かしいw

今後の皆の音楽活動とか、次やるセッションの話で盛り上がったね。
あ、あと演奏面のフィードバックや振り返りの話も結構したなあ・・・。

なんやかんやで5時間くらいいたのかな?ものすごく長い間話してたんだねこれまた。
それでもまだ話足りないんだけどね。

そういえば、「『上手い』って何?」って話に最後なってたけど、それがわかんないから難しいんすよね。

ジャンヌのyasuが「ドレミファソラシド」を何回も何回も歌って録音して聞いて・・・と繰り返すことや、ジョンペトルーシが世界中の教則本を取り寄せて日々研究してることは、技術を磨くためにやってるんだろうけど、果たして何を思って練習してるんでしょうね。

その人なりにいいと思うものをひたすら検証・試行錯誤して、それで出来たものをクリアに伝えるという目的のために、ひたすら技術を磨く。
だから、本当にいい演奏は、技術の高さを感じるよりも前に、検証・試行錯誤を繰り返した、演奏者がいいと思ったものが伝わる。

らしいっすよ。受け売りだけど。
そういえばScottiの演奏を聴いたとき、「上手いなあ、技術あるなあ」とは違う感情をもったっけ。

そんなとりとめのないことを考えながら終電で帰ってた。

皆本当にいい演奏をするし、仕事やその他諸々あっても時間を作って音楽を続けているその姿勢に、尊敬してます。

とりあえず今日は楽しかったです!!!
ワケわからん乱文ですんません!

またまた演奏振り返り。
今日も直結バカでした。毎回毎回直結で、全然飽きないから不思議。まあ、毎回アンプ違うしね。

にしても、マーシャルJC2000の直結、意外に音がハマった。これはこれでいい音だな。
今度から、メサブギーとかケトナーばっか使うのも考えたほうがいいかもなー。

「楽園」
んー、まあよかったんじゃないかな?
1曲目で、スタジオ全体の音量バランスとかできてなかったけど、その中でなりにベストは尽くせたかな?
あ、ちなみにラスサビ前のタッピングでやった音は、CD音源をよーーーーーく聴くと、キーボで似た音が入ってます。参考までに。




「人生の終わり」
なにこの緊張感。
いや、こんな曲やるんだから当たり前かw

ホント、集中力勝負だね。
全然集中できてなかったじゃないかと言われると、言葉もないですがw

内音でもしみりょーさんの歌がよく聴こえてくるので、演奏に集中しなきゃいけない場面で、歌に集中する始末。
反省です。

それにしても、ギターソロは不出来だったなー。もっとドラマ性や泣きを入れられたはず。ちょっと一本調子で、不完全燃焼なアドリブでした。
しみりょーさんと見つめあってる場合じゃないですねw

緊張とか集中とかの経験で、バラードやってみるのもいいかもね・・とふと思った。
あ、またアコギ弾きたくなってきてしまったw

スポンサーサイト
Category : 雑記
Posted by はいどん on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。