はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

10/23 高田馬場でのセッションに大革命!!

でもないか・・?


突然ですが、高田馬場のセッションに参加したことある人で、前回の記事(S.L.U.Rの配信ライブ)の2枚目の写真を見て何かいつもセッションでやってる配置と違う点があることに気づいた人はいるでしょうか。

わかる人はわかりますよきっと。



この写真ね。

4146912_1806919275_149large.jpg





答えを言うと、『PA卓が観客席側にある。』です。

これ動かせるみたいです。ノアのスタッフに聞いたら動かしてくれました。


これって割と大きな発見じゃないですかね?

三軒茶屋や高田馬場のノア、新宿や秋葉原の音楽館などなど、大部屋でセッションやる時って大抵PA卓はステージ側とか中途半端な位置にあると思うんですよ。

きっとスタジオライブとかでの配置を前提に作ってないからでしょうけど。

そんなわけで、毎回のセッションで演奏中の音量&EQ調整などがやりにくいという大きなネックがあると思うわけです。

だから、大部屋でPAが観客席側につけるこの配置は、結構画期的だと思うんですよね。どうでしょう?

【欠点】
・準備の時間が少し増える(10分弱かかってた・・かな?)
・観客席狭くなる
・天井の録音用ダイナミック使えなくなる(セッションで使う人見たことないけど(笑))

【利点】
・ステージ広くなる
・PAの調整行いやすい
・観客側でPAいじるので、PA係の割り振りやPA知識の共有(後継者育成?)が行いやすい


こんな感じかな?

個人的には、最後にあげた利点はでかいんじゃないかと思ってます。


そんなわけで、高田馬場ノアでセッションやるときはこの配置をやってみてはどうでしょうか。

セッションを開催する人、その運営を手伝ってる人は、よかったら取り入れてみて下さいな。
やってみた感じとか聞いてみたいです。


・・・いや、もしかしたらもうとっくの昔からやってる人いるかもしれんけどね(笑)


では皆さん、良いセッションライフを!(←?)

スポンサーサイト

Category : 雑記
Posted by はいどん on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。