はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

3/10 日曜の日記とぼやき

【何気ない一言】

この日は、朝に英会話行って、
昼にバンドのリハ入って、
夜はセッション仲間といつもの行き飽きた(←)居酒屋でよしなしごとを話してた日でした。

d0214201_2083832.jpg
P1020272.jpg

とまあ、これだけだと特に何も変わらん日記になってしまうのですが。


一つだけ妙に心に残ったことを書いておく。



「楽器弾いてたら気がついたら日付変わってたことがよくあった。」
「昔は狂ったように歌の練習ばっかしていた。」

とかいう経験を持ってる人、こういうエピソードがある人って、
ない人に比べたら遥かにいい演奏をするよね~という話をしてた。


そん時に、ふと以前見た記事(以下の記事)を思い出した。


楽器を習い始めた7歳から9歳の子どもを調査したある研究(※1)によると
子供に同じ時間、同じ内容の楽器練習をさせた場合の能力の伸びはほぼ同じだった。
(生まれもった才能、センスによる伸びの左右はなかった)


演奏の差は、才能では左右されない。
練習量でしか生まれませんよということを書いた記事だったんだけども。


旨く演奏できない言い訳のネタに、環境だの生まれもった才能だのを引き合いに出さず、
「練習時間が足りてないから思い通りの演奏が出来ない。」
って考えるようにしたいなと思ったことを、ちょっとこの会話で思い出した。


「有名な○○で習ってた」とか、
「誰もが知る××さんと一緒に演奏したことがある」とか言うよりも、

「自分は誰よりも、練習する時間をとる工夫をしている。」
「好きで練習に励む気持ちなら負けない。」

みたいなことを自慢できるようになりたいね。
とまあそんなことを思ったわけです。



なーんて言う、ふとしたぼやきをつらつら書いたブログでした。
さーて、こんなこと書いてる暇があったら、さっさと練習しようかな。





※1
O'Neill SA (1997) The role of practice in early musical performance achievement. In Does Practice Make Perfect? Current theory and Research on Instrumental Practice (Jorgensen H and Lehmann AC ed.), 99-112, Oxford University Press

スポンサーサイト

Category : ギター
Posted by はいどん on  | 2 comments 

2 Comments

yossee says...""
日曜はお疲れ様!!
翌日胃腸炎になったけどはいどん君は大丈夫だった??w

同じ時間を費やして出来る出来ないに差があるのならば、
出来ない人は練習量を倍にすればいいのさww

得意不得意って結局コツをつかむのが上手かそうじゃないかに依るような気がします。
ボクも療養中にギターを弾きまくるかwww
2013.03.12 10:19 | URL | #- [edit]
はいどん says...""
yosseeさん

お疲れ様でした☆

コツを掴む・・・か。
色々なことにちゃんと気づけるってことが大事ですよね。そういうのって、ギターに限らないんでしょうけど。

胃腸炎・・・大丈夫ですか!?
幸い、俺は大丈夫です。

遅れて参加したからかなあ?
寿司とか刺身とか、俺が来る前に頼んでたなら怪しいですねえ(・д・´)
2013.03.13 00:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。