はいどんの独り言(?) | つれづれと。日々ギター弾いてる中での、色んなことの記録です。

アイルランド旅行記(観光編)

観光編

【アイルランドの楽器屋】

ティンホイッスルやアイリッシュフルートなど、アイルランドの民族楽器を見てみたかった&、アイルランドではどんな楽器が身近なのか見てみたかったので、アイルランドの楽器屋を片っ端から巡ってみた。

Waltonsっていう、アイルランド最大の楽器屋に行ったんだけど、とにかくでかかった。
店の天井が高いから、一層広く感じるねw

201507251233357ad.jpg


ティンホイッスルがこれだけ大量に売られているのなんて、この国だけだろうなあ。
なーんて思って見てた。

2015072512334304d.jpg


基本的にアコギがすごく充実してて(エレキの倍くらいの品揃え?)、しかもエレアコの比率が多かった。
パブやストリート、家の中での演奏が多いからなんだろうと推測。

にしても、エレアコも普通のアコギも、塗装がシンプル(ナチュラルカラー)なものが多い。
タカミネとか、日本ではカラフルなラインナップのメーカーが、ここではこぞってシンプルな色合いのラインナップ。
イングリッシュギターとかマンドリンとか、民族楽器と合わせた時の見た目がその方がいいからかね??

その分、オモチャや最下層クラスの楽器が実にカラフルなことカラフルなことw
この国にいると、色鮮やかな楽器はちゃちく見えてしまうなw


あと、他の客の自由っぷりにびっくりした。
いきなりギターを手にとって試奏室に入ってアンプに繋ぎ始めたり、売り物の楽譜をピアノの売り場まで持っていって弾き始めたり(笑)

うーん、でもまあ楽器にとっては延々吊るされているよりもこんな風にでも弾いてもらった方がいいのかもね。
まあ楽器にとっての是非はわからんけども、これはこれで面白いからいいや。
うーむ・・・でもやっぱやり過ぎかな??w


あと、アイルランド人は人懐っこくて気さくだと聞いたけど、ホントにそうだった。
試奏してると、「珍しいフレーズだね!」とか、「いいね!!△◻︎の曲は弾けるかい??」とか、すげえ話しかけられたw
なんか・・・面白いぞこの国の楽器屋ww



【公園、植物園】
とりあえず一つ言えること。でかい、でか過ぎる。

新宿御苑や立川公園のノリで行くと、ひどい目に合いましたw
奥までたどり着けなかったからね(笑)

20150725123549ae2.jpg

20150725123547169.jpg

201507251235517e6.jpg

201507251235538e9.jpg



そういえば、この国は生き物を本当によく見かける。


鳥は本当にたくさん見かけた。公園でも街中でも

そこらへんをちょこちょこ歩いている鳥とか。

20150725123913ff1.jpg


池や海にもたくさん・・・・・


20150725123915618.jpg

201507251239187e5.jpg



寂れた街並みを、のそのそと歩く鳥。とってもシュールww

20150725123916d19.jpg






花畑には必ずいる、アイルランドミツバチ

20150725124232ced.jpg


すげー数w
別に刺されなかったし、見た目とか蜜を集める仕草が可愛かったからいいけど、
10を超える数の蜂が目の前を飛んでるとちょっとびびるよね。




ん?何かいる??

2015072512423579b.jpg





あ、もしかして。

20150725124233a85.jpg



リス発見!!!

2015072512442063c.jpg



尻尾を地面につけず、カンガルーみたいに歩くのね。
あかん、これは萌える(笑)




【ショッピングモールとか、お城とかスタジアムとか】
見ました。とても良かったです(感想雑)


20150725124714ba7.jpg

20150725124715eba.jpg

201507251247176e5.jpg

20150725124719945.jpg

20150725124719db5.jpg


まあでも、石やレンガの建物や、伝統的な雰囲気を残した街並みとか。
見て歩くだけでも、価値ありです。





色々と歴史とか文化の背景を深掘りして、
どういう経緯でその国の音楽土壌が形成されたのか、とか。
そういうのを仮説、検証したりするのも旅の醍醐味ですねい(・ω・)ノ

スポンサーサイト

Category : ギター
Posted by はいどん on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。